ダイエティシャンコーチはエステティシャンやセラピストとしてのキャリアデザインに役立つ資格です 今すぐクリック!


健康と美のスペシャリストになれる 「ダイエティシャンコーチ」 とは?


<< PREV    NEXT >>

2014-09-30  「望ましいセラピストのあり方とテクニック」とは
http://www.dietitian-coach.com/index.php?x=33
先日開催した「第11回学術教育研修会」で
昭和大学医学部大学院兼任講師であり、ダイエティシャンコーチの
村山舞先生が講演をしてくださいました。

「望ましいセラピストのあり方とテクニック」というテーマで、
今大会の総括にふさわしい内容でした。



 少子化が社会問題となっている今日ですが、同時に平均寿命の
のびによる高齢者の健康維持、医療費の増大などの問題も深刻さを
増しています。

 我が国にとって疾病の予防は重要な課題であり、エステティックに
通うことで健康的に痩せることができれば、エステティシャンも
生活習慣病の予防や健康維持に貢献できるはずです。

 エステティシャンは、国家資格がなくても従事できる仕事です。
そのために、これまでは仕事に必要なスキルや標準的なレベルという
ものも、あまり明確ではありませんでした。

 村山舞先生の講演は、エステティシャンの仕事をもう少し広くとらえ、
ヨーロッパでいうところのセラピストとして位置づけて、これからの
あり方を問いかけるものです。

 村山先生は、ビジネスの領域に普及している「コーチング」を、
エステティシャンのテクニックの一つとして学ぶことで、仕事の質を
高めることができると言います。

 講演では、初めてサロンを訪れるお客さまへの気持ちのよい接客や、
痩身プログラムを継続するためのやる気を維持するために、コーチングを
どう活かしていくかについて具体的な解説がありました。

 エステティックを単なる美容の一つの仕事ではなく、健康的に美しく
なることを支援できるやりがいのある職業、誇りのもてる仕事にしていきたいと
いう村山先生の熱い思いが伝わってくる講演でした。









2014-07-15  9月1日開催の『第11回学術教育研修会』の詳細が決まりました。
http://www.dietitian-coach.com/index.php?x=32
第11回学術教育練習会のテーマは、「セラピストに今求められる知識と技法」です。

健康改善や症状の緩和目的でエステテイックサロンを利用する人達が
増えている中で、エステティックの果たす役割は大きくなっています。
それに従い、エステティシャンやセラピストへも、一層の期待と責任が
求められていくものと思います。

健康と美のスペシャリスト「ダイエティシャンコーチ」としての知識やスキルを
身につけることも一つの方法ですが、
国際健康美学会では、様々なクライアントに対して最適な対応が
できるセラピストであるためには何が必要かを共に考える研修会を開催します。

どうぞご参加ください。










2014-04-15  「接遇の基本」を学ぶ教育研修会を開催しました!!
http://www.dietitian-coach.com/index.php?x=31
今年もエステティシャン、セラピストの方々を対象に接遇の基本を学ぶ
研修会を開催しました。

講師は、株式会社トリニティー・インターナショナル代表取締役の
篠﨑桐子先生です。





今回は「~心と言葉と行動でみんなを幸せに~ 接遇の基本」がテーマです。

接遇者の基本5原則とされる
「挨拶」、「表情」、「態度」、「みだしなみ」、「言葉づかい」

研修の後半、この5原則について、先生から実技を交えて説明がありました。

特に印象に残ったのは、「心を伝える手の3原則」です。

1.5指を揃えて指先まで意識する。

方向やものや人を指し示す時、ものを受け取る手を差し出す時、物を持った
時の指先がぴんと揃っているととても美しく優雅に見えます。

2.両手遣いを意識する。

商品を渡す、ペンを渡す、椅子を引く、お客様の手荷物を預かる、
お金の授受の時などに片手を添えるだけでとても丁寧に見えます。

3.高さを意識する。

お客様の手荷物を持つとき、商品を持つとき、お客様がお使いになる物を
持つ時など、大切な物は乳通り以上の高さで持つのがよいとのことです。

日本では昔から物の持ち方に目通り、肩通り、乳通り、帯通りなど、
何を持つか、どなたに持っていくものかによってその高さに決まりごとが
ありました。
特に、口に入れるもの(お茶やお菓子、料理など)を運ぶときは息が
かからないように気遣うことからと伺いました。

相手に敬意を表し、丁寧に扱っていることは、手の位置や高さでも表現できる
ものなのだと改めて勉強になりました。






接遇者はお客様に寄り添い、大切に思う心は言葉と行動で一生懸命伝えなくては
なりません。

この5つを意識して、いつでもお客様お一人おひとりの期待に応え、期待以上の
ことまで応えようと考えを巡らせて努力を続けることが、お客様に感動を与え、
ファンになっていただけることなのだと気づかせていただいた研修でした。



2014-03-15  『効果的な部下指導とは?を考える』研修会を開催
http://www.dietitian-coach.com/index.php?x=30
先日、『効果的な部下指導とは?を考える』研修会を開催しました。

職場における上司と部下の関係は以前とは大きく違い、多様化しています。
その上、働く人々のメンタル不調も増加しているため、部下のメンタル面の
サポートも求められています。

そこで、上司はどのように指導をしていけばよいのかについて、
ICC認定国際コーチの梅本和比己先生を講師に迎え、研修会を開催しました。

一番大切なことは、部下一人ひとりの特性に応じて接するということです。

指示命令をするだけではなく、それぞれの特性、考え方、価値観、感情を
理解しながら指導をすることが、上司には求められます。

部下に接する時には、できるだけ部下の視点、立場に立って話を聴き、考え、
その上で上司も意見をきちんと伝えることが重要です。

そうすることで建設的な関係が構築され、最終的には会社の業績アップに
つながるほどの効果があるそうです。

国際健康美学会が運営する「コーチング講座」で学ぶスキルのひとつ、
『相手のやる気を引き出すための技法』を使って解説していただきましたが、
職場だけでなく、家族や親子、夫婦関係や友人関係にも応用できると思いました。

それぞれのペースで学習できる通信講座となっています。
ご興味のある方は、事務局までお問い合せ下さい。









2014-02-01  『ダイエティシャンコーチ』32名が誕生しました。
http://www.dietitian-coach.com/index.php?x=29
2014年2月1日に、32名の『ダイエティシャンコーチ』が誕生しました。
授与式では、村山静江理事長から認定証と認定カードを授与されました。

『ダイエティシャンコーチ』とは、健康・美・食に関する正しい知識と
判断力を身につけた健康美の総合スペシャリストです。

健康、美容、運動、心理、福祉、介護等多くの分野での
皆様の今後の活躍に期待しております。









<< PREV    NEXT >>


エステティシャンとして成功するための秘訣

コーチングという技法を活用して、お客様との会話をスムーズに進める為のノウハウを凝縮した小冊子です。
PDFファイルで無料提供していますので、ダウンロードしてください。
エステティック・コーチング認定講座を申し込む

「エステティック・コーチング」の資格に興味を持った方は、こちらをクリックして内容をご確認ください。
医学博士監修の理論体系、最新のコーチング技法を満載した、魅力的な通信講座になっています。
健康・食育マスター講座(健康理論)を申し込む

「健康・食育マスター講座(健康理論)」の詳細はこちらでご確認ください。
本講座は、公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)の監修・認定を受けた講座です。




ダイエティシャンコーチは国際健康美学会が管理・運営しています
  NPO 特定非営利活動法人 国際健康美学会
〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町11-8 久松町118ビル6階
TEL: 03-5652-5888  FAX: 03-3639-8460
http://www.iscohb.or.jp

国際健康美学会


Copyright © 2011 International Society of Coodination for Health and Beauty. All right reserved.